城田圭介「Over」

2021年1月 8日 - 2月 7日

オープニング・レセプション:開催いたしません

Maki Fine Artsでは、城田圭介 個展「Over」を2021年1月8日(金)より2月7日(日)まで、開催いたします。スナップ写真を用いて、その周囲に拡張する架空のイメージを描き加える作品や、風景写真の中の人物のみ塗り潰し、画面から消し去る作品など、写真と絵画を組み合わせた作品を制作する城田圭介。2019年には、茅ヶ崎市美術館で個展「写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS」(2019年-2020年)が開催されました。Maki Fine Artsで初となる本展では、新作を中心に展示いたします。

城田の作品は、写真を素材としながら、イメージの断片を加算する(付け加える)、および減算する(消去する)、または他の素材からの部分的なコピー(転移)による描写方法で組み立てられています。
新作「August 15, 2020 (Nijubashi Bridge) 」では、二重橋で撮影された写真のツーリストの部分のみが抽出され、画面に描写されています。支持体には、複数の新聞から切り抜かれた無数の写真(8月15日付)が貼り合わされ、白色塗料で全体を覆い塗り潰してありますが、その側面には下層の新聞紙の痕跡を見ることができます。

SNS等を通じて、写真=イメージ(画像データ)という認識が一般的となり、従来の写真の定義が不確実になる現在において、城田は描く行為により、写真そのものの実体を鑑賞者に意識させます。
是非ご高覧下さい。

--

見尽くすことの出来ない多過ぎる画像情報と、ひとつの画像をよく見ること。
写真の表面は充実した情報であるが、その裏は白紙であること。
見えないことを、構造によって見えるようにすること。
塗る、描く、という行為は、消す、覆う、という行為でもあること。
プラスとマイナスが同時進行であること。
これらのことがこの一年の制作においてはとくに重要であったように思う。

城田圭介

--

城田圭介 | Keisuke Shirota
1975 年神奈川県生まれ、2003年東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。近年の主な展覧会として、個展「写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS」(2019年-2020年/茅ヶ崎市美術館)、個展「Tracing /Background」(2013年 / ベイスギャラリー)、「シェル美術賞 アーティスト セレクション」(2013年/ 国立新美術館)、「フォトリファレンス・写真と日本現代美術」(2012年/ベオグラード文化センター)、個展(2010年/ギャラリー・ステファン・ルプケ)など。

work image

Keisuke Shirota / 城田圭介
August 15, 2020 (Nijubashi Bridge) / detail
2020
Oil, enamel paint, newspaper photo clippings on canvas, panel
130.3×194cm

work image

Keisuke Shirota / 城田圭介
“Drawing on back of photos”シリーズより / From “Drawing on back of photos” series
2020
Photograph, oil on back of photograph, clip, tape, string

work image

Keisuke Shirota / 城田圭介
ミュージアムのある風景 / Landscape with the Museum
2020
Oil on photograph
20×30cm(each) 3-piece